京都で骨董品回収業者を利用するなら!高く売るコツを知ろう【Collector Sell】
HOME>特集>京都で骨董品回収業者を利用するなら!高く売るコツを知ろう

骨董品回収の相場はどのくらい?

アンティーク

実は、骨董品の相場価格はピンからキリまでなので「この価格!」とは言えないですが、おおよその価格は想定できます。ですから、骨董品回収業者に骨董品を売る時は、傷や作者、年代などを考慮し査定されますから、おおよそだと思ってください。江戸時代に作られた和家具は1万円~10万円前後が多いです。ちゃぶ台などは1万円以下の買取になることが多いでしょう。手に入りやすいものは価格が下がりますから、どうしても安くなってしまうものはあります。意外と高値で買取ってもらえるものが硯です。有名な赤間硯などは、高ければ数100万円、低価格でも10万円は超えることもあります。なので自己判断せず、まずは京都などの骨董品買取業者に査定をお願いしてみてはいかがどうでしょうか。

骨董品を売ると税金がかかる

壺

実は、骨董品を売ると税金がかかる場合があります。1つの骨董品が30万円以上の高値が付くことで、「譲渡所得」といって所得税がかかることがあります。その際は、確定申告を行なわなければいけませんから、忘れずに行いましょう。もし、売りたい骨董品が30万超えるかわからない場合は、骨董品買取を行う業者に相談しましょう。1つ30万円以下の場合は、複数売却しても課税対象にはなりませんから、知っておいた方がいい知識は身につけておきまましょう。

骨董品回収業者に高く売る時のポイント

湯呑

京都などでも、骨董品を高く売る時のポイントは、やはり「状態の良い作品」が高く売れますが、だからといって欠けた部分やヒビ割れの部分を修理してしますと骨董品としての価値が下がり、買取価格が下がってしまう可能性があります。多少の欠けた部分などはその作品の持ち味にもなりますから、修理を行わず、管理方法や手入れ方法を見直しましょう。

広告募集中